平成28年度 運営基本方針

 小学生バレーボールの普及発展と一層の充実を図るために、連盟組織の確立と競技規則の周知徹底を図り、若手・女性指導者の育成に努めると共に、審判有資格者の活用に努めます。また、各種事業を通して、北海道小学生バレーボール連盟の目標達成に努め、日本小学生バレーボール連盟の事業に協力すると共に、北海道バレーボール協会の加盟団体としての責務遂行に努めます。 「男子」「女子」「男女混合」の登録方法の周知徹底を図り、道小連主催の競技会に位置づけた適正な大会運営ができるように努めていきます。

1.さらなる発展と連携をめざして
 地区小連および地区協会の協力を得て、指導並びに普及事業を推進していきます。また、事業の充実と連盟組織の強化を図ると共に、道小連と地区小連の連携強化によりいっそう努めていきます。重点事業である北海道小学生バレーボールサマーキャンプと北海道小学生バレーボール選抜優勝大会の運営並びに内容等を検討し、より充実した内容の事業となるよう努力していきます。

2.バレーボール競技人口の増加をめざして
 登録チーム数(男子・女子・男女混合)及びMRS個人登録の増加に努めると共に、男子・女子・男女混合チーム登録数及び個人登録選手数の正確性を期していきます。また、各地区小連へ『1チーム増加対策』を依頼すると共に、登録された一人一人の選手を大切に指導・育成するように努力していきます。

3.高い資質の研修と研鑽をめざして
 各種研修会や講習会の周知徹底を図り、指導者および審判員の資質向上並びに育成を推進していくと共に、指導上での体罰や暴力行為、暴言については、完全皆無をめざします。また、道協会指導普及委員会との連携を深め、中学校指導者との連携強化に努めていきます。日体協資格取得を推進するために、資格取得の方法や手順等の案内・提示ができるように努めていきます。

4.健全な財政の活用をめざして
 各種事業および諸会議(各種派遣事業も含む)等の諸経費(旅費・宿泊費・日当等)負担に検討を加え、道小連財政の健全な活用を図っていきます。

5.選手を活かす事業運営をめざして
 各種事業並びに各種競技会の円滑な運営をめざすと共に、事業運営の適正化と諸経費の節約および合理化を図っていきます。また、チーム指導者および保護者に事業内容等の周知を図ると共に協力と支援をいただくよう努力していきます。

6.ソフトバレーボールの普及をめざして
 体育教材としてのソフトバレーボールの普及に努め、多くの小学校での実践化をめざして努力していくと共に、幼稚園、保育園、小学校におけるソフトバレーボールの実践に協力していきます。また、北海道バレーボール協会および北海道ソフトバレーボール連盟との連携を密にしながら、研修会、講習会、大会等の事業にも協力していきます。

inserted by FC2 system